日々の吹き溜まり

日常の累積記録とメモ程度の読書記録

絶望しながら今日を生きていく

このブログでは政治の話は避けようと思ってたんだけど、さすがに。

 

急造の新党に民進党が実質、吸収ってどういうことなんですか。

意味がわかりません。

 

自分の主義主張をはっきりさせるために、僕は政治を眺めてるので、明らかな政権批判とか明らかな支持政権については、ちょっと距離を置いていたんですけど。

民進党の判断は、自棄すぎませんかね。

 

民進党という党自体に、僕はあまり興味がありませんでしたし、主義主張がぼやけていて、何がしたいのかよくわからないというのが正直なところでした。

 

日本の政治は、戦前日本の名残であり、民主主義の皮を被った封建主義であると思っています。

勝てば官軍、結局、天皇を中心に国家が巡っているという体制自体は変わらないままであるのですから。

天皇が政治から遠のいていたからと言って、ムラ社会という小さな政治ならともかく、国家という政治に興味が薄いですし、上が勝手にやってること、決まったことは仕方ないと従うさまは封建国家としか思えません。

日本は近代国家なんかじゃないのです。先進国という名も、金で買ってるだけで、人が住みやすい国家を作るなんて思想などないのです。

まあ、僕が思っている日本のことなんかどうでもいいんです。

 

これから、社会はどうなっていくんでしょうか。

 

これからどんどん人口も減って、江戸時代に作り上げられた平和で安全な秩序は貧困でボロボロになっていくでしょう。

 

 

日本が経済発展できたのは、勤勉で真面目だったからじゃない。

物を盗まないようにと躾けられた国民、従業員を盗人にしない徹底した管理、そこで安心して仕事に集中できる環境と、増えていく人口による一千万単位の内需による功だったに違いない、と考えています。

 

それを失って、希望という言葉にはもう光がありません。

人口も少なくて、ブラック企業や増る望みのない薄給のまま、僕らは、壊れかけている日本を引き継いで生きていくしかない。

小池さんも安倍さんも、きっと僕らよりは先に死ぬし、政治から退場するでしょう。

そこから、どういう政治家が誕生するんでしょうか。

 

 

 

リセットボタンを押すみたいには、日本はなくならないし、うまくいくはずもないでしょう。

厨二なので、終わりの始まりとでも言っておきましょうか。

泥沼に泥沼を重ねて、終わりだ終わりだという言葉が繰り返されて、船が沈んでいくみたいに、いつ死ぬんだろうと考えながら生きる末期がん患者のように、終わりを眺めながら、ゆっくりと終わっていくんだろうと思います。最悪ですね。

 

いっそ、中国やアメリカになってしまう方が日本は幸せなように思います。

 

金と権力の亡者になり下がった腐った政治と企業に殺されていく同胞の死が哀しくてたまりません。

つらくてかなしくてさみしいと叫んだ人間を、容赦なく叩く同胞の闇にも、うんざりしています。

 

 

いつになったら、まともな政治家が弱者を助けてくれる世の中になるんでしょうか。

それとも、そんな日は来ないんでしょうか。

 

政治は民衆の鏡だと言います。

内輪もめばかりで周囲の影響なんか考えない、自分と小さなコミュニティのことしか考えていない、自分がどうみられるか見当はずれのことばかりしている、まともな論理答弁ができない。その通りだと思います。

 

 

そんなに日本が嫌いなら、日本から出ていけと愛国者の方々は言うでしょうか。

出ていけるなら、とっくに出ていってる。

出ていけないから、少しでも住みやすい世の中を願ってるんだ。

 

 

ヒーローが出てくるか?英雄は出る杭で打たれてしまう。

日本にいるのは魑魅魍魎だけだ。

 

自分の幸せだけのために、足を引っ張る世界に落ちないように、生きていくしかない。

誰も救えないし、救われない世界で、自分の足元の安全確認だけをしながら。