日々の吹き溜まり

日常の累積記録とメモ程度の読書記録

アトピー性皮膚炎に悩んで

 

今、私はアトピーに苦しんでる。アトピー性皮膚炎。よくわからない皮膚炎。

近年、かかっている人が急激に増えているという。私も最近、自分が罹患しているせいもあってか、街中でよく目につく。

 

皮膚のことは、子供の頃から、祖母や叔母がうるさかった。

遺伝で、乾燥肌にアトピー性皮膚炎の危険があったせいだろう。

女の子はきれいでいなくてはならない、だから手入れしなさい、保湿をしっかりと、口が酸っぱくなるほど言われた。

自分は母ほど美しくないのだし、どうでもええやん、と思いつつ、年長者の言うことは聞かないとなぁ、と思いつつ、手入れをしてきた。

もともと肌がきれいだったおかげで、まあ褒められることも多かったし、それが若干の自信になっていた。

その後、二十歳になって、アトピーが一気に爆発してから、ずるずると症状が緩和したり悪化したりが繰り返されている。

一気に、自信は消えうせた。

女の子はきれいでいなくてはならない。それが呪いになって、私を蝕むようになった。

 

幸い、私は専業主婦で、出掛けなくてもいい身分だし、旦那は私の容姿に興味がないので、普段、容姿について意識することはない。

しかし、出掛けると、美しいきれいな肌を見て、絶望する。

どうして、私だけ。どうして、こんなに醜いのか。どうして。どうして。

疑問がぐるぐると頭を巡って、涙がぽろぽろ流れてくる。

顔をあげて歩けない。人と目を合わせられない。

生きてて、ごめんなさい、と謝りたくなる。

はやく死にたい、消えたい、と浮かんでは消える。

はやく家に帰りたい、と、ずっと口にする。

剥がれた皮膚が宙を舞う。自分が汚いものに思えて、一気に情けなくなる。

外出中、ずっと、そういう気分で、帰ってきたらぐったりとしてしまう。

 

アトピーに特効薬はない。

ステロイドで症状を抑えたり、食事療法を試したり、ハーブティーを試したり、有機野菜を試したり、漢方を試したり、海水浴を試したり、温泉水を飲んでみたり、運動してみたり。

まるで占いのようだ。ガンのでたらめ療法みたいに情報が錯そうしている。

 

アトピーには指数があって、血液検査してもらったが、こんなに症状が重くなるはずがない数値なのだ。

お腹が弱いわけでもなく、冷え性が酷いわけでもなく、甘いものが好きなわけでもないし、医者も首をかしげる

ストレスかね、と、わっかりやすく曖昧なことを言われる。

 

うんざりしながら、アトピーと付き合い続けて、もう七年が経ってしまった。

毎日、つらい。死んでしまいたい。

アトピーは身体のアンテナ、毒素を出して病気にならないようにしてるんだよ、これ以上同じ生活を続けたら病気になるサイン、なんて言葉もあるが。そんなことをしてまで生きのびたくない。

死んでしまいたいという気持ちだけで死ねたら、どんなに楽だろう。

自殺するわけにもいかないし、なんとか毎日生きてるけど。

いつか、きれいにアトピーが治る日が来るだろうか。

その日が来る、と信じなければ、生きていられない。