日々の吹き溜まり

日常の累積記録とメモ程度の読書記録

反出生主義の人にリプライをもらった

反出生主義、という、いわゆる結婚しても子供を産まないという人に、この前リプライをもらった。

今の法制度じゃ、子供産めないなぁ~というぼやきだったんだけど、自分の主張に沿っていると勘違いされたらしい。文章が下手くそですまなかった。

誤解を解いたら、私も興味が黙々湧いてきてしまって、下世話なことを聞いてしまったし、反省している。ブロックされちゃったテヘペロ☆(本当にごめんなさい)

 

ネタにされるのも、気分悪いだろうなぁ、と思うんだけど、そこはこういう生き物なので、勘弁してもらいたい。

ダメ人間ですまない。でも、彼女の言い分に、私も少し同調するところがあったから。

 

私は、ずっと生まれてきたくなかったという思いを抱いていた。

これは、たぶん様々な要因が重なっているし、今も分析しているけど、すべて正しくも思えるし、こじつけのようにも感じているけれど、私は今も若干、死にたい、というか、生まれる前に戻りたいと感じている。

親と折り合いが悪く、家を出た後、境界性パーソナリティ障害のような状態で、どうも自分を大切にする能力というものが欠如していた。

今は、旦那やかけがえのない友人たちのおかげで、たぶん回復した。

人格障害も勝手な診断なので、わかんないんだけど、間違いないと思ってる。)

だから、子供を産むなら、その子供が同じ思いをするに違いないから、産みたくない、という想いがある。

日本というのは、親の加護あってこそ、なんとか生活できる制度の国だ。

核家族化していると感じないかもしれないけれど、家族の存在を失うと、人生がハードモードになる。

私は祖父母が機能したので、なんとかハードモードをクリアできた。祖父母がいなかったら、間違いなく自殺していた自信がある。(笑)

だから、そういう人たちはたくさんいるっていうのは理解できる。

自分が不幸だから、うまれてきたくなかったから、子供を産みたくない。自分の子供に、そんな想いをさせたくない。これは、子供が自分と同じ存在のように感じている時点で、間違いなのだけど、自分が幸せにしてあげられる自信がない。

私の場合、私が産む子供には、私の両親はいないので、祖父母がいないことになる。セーフティネットが最初から一つ失われている状態だ。

そんな状態で、果たして子供がまっとうに育つだろうか?

まだ、20代だから、子供というのは産もうと思えば産める。

だけど、子供の命の重さに圧倒される。

責任というのは、とても不思議なものだな、と思う。ちゃんと責任を持っている人は、重大な判断を迫られるような場面になることがない気がするからだ。

ちゃんと責任を果たしている人の中には、とても軽やかに、それをこなしている時があって、責任を取る場面に遭遇することがないんじゃないかな。

 

 

生まれてしまった以上、残念ながら、腹を決めて生きていかなければならない。死にたい気分で毎日を過ごすことが苦しいだろうことも、私は知ってる。

きっと、私なんかより、苦しい時間を過ごしている人たちが今も、そこらじゅうにいるんだろう。

自分のことですら抱えきれないのに、子供のことも抱えなければいけないなんて、気が狂いそうだよ。

弱い人は、自分の弱さとずっと戦っていくしかない。そのために、子供という選択肢を捨てることを、私は責められない。

 

私は未だに子供を産もうかどうかも悩んでいる。

子供が強烈に欲しいとも思えないし、旦那が子供が欲しいという気持ちを完全に否定することも出来ない、優柔不断さだ。

だから、私はむしろ、反出生主義を真剣に唱える人に関して、すごいな、と思う。

子供を産めという社会からの圧力とか、いろんな人の言葉を跳ね除けて、それを語るってことだから、容易なことじゃないはずだ。

 子供を産まないからって、社会から必要とされない存在だなんて、そんなことはわからない。

そもそも、社会から必要にされる人間なんているのかな。みんな、どうせ死ぬのに。だから、生きていることに社会的意味とか、考えない方がいいんだろうなって。

自分の望みを叶えていくことこそ、人生だろう、と思うんだ。

子供を産まない、と決めたなら、子供のことは考えないで、そもそも、子供を産まないという主張に固執しない方がいいんじゃないかな、と思ったりする。

それができるようになるといいな、と願ってる。

自分の欲望を、子供を産まないということ以外で、考えた方がいい。

 

私は毎日、ひと一人の情報量に圧倒されるし、毎日、思考が変わっていく自分にも驚くし、Twitterであとからあとから興味深い事案の雪崩に、びっくりする。

 

きっと、私の言葉には揺れないと思うけど。

自分と同じ立場で同じ物事を考える人の方が大事だもんね。

私は過剰な共感主義は唾棄すべきだ、と思っているけれども。

 

反出生主義の背景は、きっと私が想像する以上に暗いんだろうな。

私は後ろ向きなんて大嫌いだから、そこでうじうじされている人にいう言葉なんて、本来、持つべきではないんだろうけども。

お互い、勝手に産み落とされて大変だよな、生きてるだけで精いっぱいなのに、なんで分かってくれないんだろうな。

死にたい気分なんか、誰にも理解されないし、理解されたらされたで、気持ち悪いだけだと思うよ、自分を見ているみたいで。