読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の吹き溜まり

日常の累積記録とメモ程度の読書記録

ヒーローなんて現れないし、ゴジラも来ない

経団連や労働問題の話になると、フォーディズムやテーラー主義で高賃金を云々、言い出す輩がツイッターで一定いて、RTも稼ぐ。

だけど、フォードもテーラーも今は消えている。少なくとも、世界企業ではない。テーラーだけは、科学的管理法は残っていて、工場では適応されているけど、高賃金の話は聞かない。

二つの企業が強かった当時は労働力が価値源泉であり、労働力こそが利潤を生みだしていると考えられていたから、高賃金が世界中で持て囃されていた。金を生み出すモノとして、金を貢がれていた。

だけど、どっちも、トヨタのジャストインタイムには勝てなかった。トヨタ方式に敗北した。

世界の中心ではないのに、どうしてこの話を持ち出したがるのか分からない。

トヨタが世界有数の大企業であることが知らないのか?

最近、研究者たちが唱え始めたのは、資本が資本を生み出しているという考え方、つまり、金や設備が金を生み出す源泉という考え方が今は主流で格差は広がっていくという考え方が今は主流だ。

だから、どの国も、政府の力を大きくして、経営者や企業を監視している。よく労働問題で話にのぼるドイツやフィンランド、スイスはそうやって高賃金や労働環境を守っている。
日本は政府と経団連が癒着している。経営者を監視して取り締まる社会を作らないといけないのに。団結権使えよ。労働団結権も解体されている企業の多さに気付かないのか。アルバイトであっても、労働組合を作れるような社会にならないと苦しさからは逃れられない。

もう誰も使わないフォードやテーラーを持ち出しても、誰も話なんか聞かない。

ツイッターで低賃金が悪いと言われても、経営者は何言ってんだこいつと思うだけだろうし、そもそもツイッターなんか読んでないで、旅行に出かけて美味しい食事を素敵な場所で楽しんでるだろう。

日本は権威主義で、経営者には逆らわないという社会がもともと形成されていた。経営者に逆らうなんて馬鹿だという社会を少しずつでも変えていかないと、日本に未来はない。

もしくは、江戸時代に戻るか、だ。そんなことはできはしない。

ヒーローなんて現れないし、ゴジラも来ないんだよ。

地味な活動を続ける気力がないから、社会は変わらない。

浅い見識で無駄な承認欲求を満たす前に行動しやがれ、馬鹿野郎。

恋愛は怖い

男の恋って、軽い…と思うことがちらほらある。それもこれも旦那が見せる風俗番組のせいである。

顔が好みでちょっとかわいいことかエロいことしたら恋に落ちたとか言い出すんだもんなー。
いや・・・わかるよ、残念ながらわかるんだけども。惚れっぽい人間は惚れないなんて選択肢がなくて、どうしようもないんだけど。
すぐに恋に落ちたという男を旦那は「あほや」と笑うが、君も大概やと思うぞ。

まあ、惚れっぽいのはしゃーないな。

好みの顔やらおっぱい見たら、どうせすぐにヤリたいと思う男が大半なんだろうし。

例外は、ゲイとアセクシャルさんだろうか。

女子はどうなんだろう。性欲が恋愛に結びつくなんて、あるの?私は大抵そうだけども。

 

何が嫌いって、真剣に恋したり、そういうのを笑ってしまうことも、あまり好きじゃないし、恋愛なんて怖いものを軽々しく扱うのも好きじゃないってこと。

でも、そういうのが好きな人もいるのは知ってるから、できれば目にいれたくないというのに、まったく違う価値観の人間と生活するのは大変だ。

原体験として、恋愛に家庭をぶっ壊されたこともそうだし、そもそも母親が危うい恋愛しかしてこなかったせいで、子育てを引き継いだ父親もクズ野郎だったので恋愛なんて本当は嫌いだ。

それなのに、自分は恋愛で結婚して、命を繋いでる現状に本当に嫌気がさす日があるんだ。皮肉すぎるだろ。

 

どうして、旦那は恋愛を笑う番組が好きなんだろう。自分が笑われて消費されることに抵抗がないんだろうか。

さすが大阪人、なのだろうか。

妊娠超初期症状とやらよ

悩んでいる。やばい。

子供が出来たかもしれない。やばい。どうしよう!?

 

というのが、最近のテーマです。

いや・・・まだ生理来る前なんですけどね。

なんか変・・・という症状があって。うーん…。

妊娠超初期は、検査薬も役立たずで、妊娠がわかるのって、二ヶ月目に入ってかららしいです。今の医学でも。

本人の勘、で、しか、超初期はわからないらしい。

殆どの人が素通りするらしい。つまり、確定できないまま、悩む期間が一週間ほどある、と。超不安じゃね!?

 

なんかなー。自分が子供産みたくない、という立場の人間だと思い知らされる。

無事、生理が来たら、ピルでも処方してもらおうかなぁ。

子ども産む理由考えたら、祖父母が曾孫の顔見たいからでしかない。

自分自身、子供のことを考えると、どうでもよすぎるし、どっちかというと人生の邪魔でしかなくない?と思ったりする。

 

 

田舎だと、妊娠出産は20代にしとかないとつらいで、と、おっさんが忠告してくる。

だまれ、うぜえ!というか、セクハラだクソ野郎、と思う。

結婚して一年目にもなると、言外に「こどもは・・・?」という雰囲気になってきて、いやになるなぁ。

江國香織きらきらひかるでも、結婚したら落ち着くって言ったのに、今度は出産。でも、それは仕方ないことだ、と。

笑子は、なんであんなに情緒不安定だったんだろう。自分が誰にも理解されていないこと、孤独なことに絶望していたんだろうか。

 

 

みんな大好き夜事情を話すなら、私と旦那は、セックスは月四回くらいである。むしろ、四回は多い方で、二回から三回くらいだろうか。

毎日一緒に寝るし、キスもするけど、何にもない夜ばかりである。

旦那氏、セックスがめんどくさいらしい。パソコンの前で動かないのがすきらしいのだ(そこでオナニーも済ます)

淋しいだろう?と言われる。淋しい。浮気もしようかと試みたが、やっぱり旦那が一番だということを思い知らされて、未遂に終わったので、もう試す気すら起きない。

旦那が大好きだ。どうしようもない。傍にいられて幸せだ。

だから、そんな旦那の子供が宿ったなら、とても嬉しい。

でも、私の子供、ひいては憎んでいる父親の血を引く子どもというのが、どうしてもひっかかっている。私に似たら、私はその子を愛せない。

旦那によく似た子供なら、私は精一杯愛情を注ぐだろう。私の母親に似ていてもいい。

だけど、私に似ていた場合を思い描いたら。きっと虐待してしまう。

それくらい、私と私の父親に対する憎悪は私の中で激しい。

これが杞憂だったら、私は手放しに妊娠確定を心待ちに出来るのに。

今は出来ていたらどうしようという怖れしかない。

 

[4/11追記]

※騒いだけど、出来てなくて安心しました。だけど、やっぱりちょっと子供が欲しくなっていたので残念でした。

子供が出来たら、私の周りは喜ぶのだと思うと、私のちょっとした不幸を帳消しにしてくれる気がする。そう思うと、少しだけ、子供が欲しいと思えるようになりました。